[PR]

 ゲーム大手のディー・エヌ・エーは7日、無人運転バスを8月から千葉市美浜区の豊砂公園で走らせると発表した。公園はイオンモールが管理を委託されており、隣接する同社のショッピングモールの来店客の利用を見込む。無人運転バスを使った交通システムは、日本初という。

 提携先のフランスの自動車メーカー、イージーマイルが開発した電動の自動運転車両「EZ10」を使う。最大12人が乗車でき、カメラやセンサー、GPSの位置情報を使って、あらかじめ決められたルートを走る。周囲に障害物があると分かった場合、自動的に減速したり、停車したりして事故を防ぐという。

 現在、日本国内では、こうした自動運転車両の走行は、私有地のみで認められている。ディー・エヌ・エーは今後、公共施設やテーマパーク、工場などで使われると見込んでいる。