[PR]

 米南部テキサス州ダラスで7日午後9時(日本時間8日午前11時)ごろ、市内の中心部で連続発砲事件があった。ダラス市警によると、容疑者2人が警官隊に向けて狙撃を繰り返した模様で、警官11人が撃たれて5人が死亡し、6人がけがをした。一般市民1人もけがをしたという。

 ダラスでの事件の前、米南部ルイジアナ州で5日、米中西部ミネソタ州ファルコンハイツで6日に、相次いで警官による黒人男性の射殺事件が起きた。抗議の声は一気に全米に広がり、ダラスでも市内中心部で抗議デモが発生していた。

 市警によると、容疑者はデモ隊の近くの高所から狙撃しており、計画的に警官を狙った可能性が高い。

 市警は容疑者3人を拘束。4人目の容疑者は、立体駐車場で銃撃戦の末に銃を使って自殺をはかり、死亡が確認された。

 市警はこの4人のほかにも事件の関係者がいないか、捜査を続けている。

 米FOXニュースが報じた事件発生当時の映像では、デモ参加者が逃げ惑い、重装備の警官が犯人を捜す様子が分かる。またツイッターに投稿された、近くで撮影されたとみられる動画では、多数の発砲音が続いていた。

 ミネソタの事件では、助手席に乗っていた交際相手の女性が事件の状況を撮影した動画をフェイスブックに投稿。一気に拡散され、抗議デモが広がった。

 AP通信によると、ミネソタで亡くなったのはフィランド・カスティールさん(32)。助手席にいたダイヤモンド・レイノルズさんによると、テールランプが壊れていることから乗用車を止められた。免許証の提示を求められたカスティールさんがポケットから財布を取り出そうとした際、「許可を受けて銃を持っている」と説明した後、複数回撃たれたという。レイノルズさんによる動画では、銃を持った警官が乗用車の窓越しに声を震わせながら「手を伸ばすなと言ったのに。手を上げろと言ったのに」と語っている。

 動画は7日夕(日本時間8日午前)までに、約400万回視聴された。警察への批判が高まり、米司法省も捜査に協力を始めた。

 ミネソタ州のデイトン知事は7日の会見で「乗っていたのが白人だったら起きなかったのではないか」と語り、人種差別が背景にあるとの見方を示した。(ニューヨーク=中井大助