[PR]

 中国で昨年7月、人権問題に取り組む弁護士らが一斉に拘束されて1年が過ぎた。事件の背景には、人権運動が盛り上がって民衆の共感を呼べば、体制を揺るがしかねないとの習近平(シーチンピン)指導部の危機感があるとみられる。国内外の批判をよそに、当局は締めつけを強めている。

接見禁止・家族尾行「法治どこに」

 事件の調査・批判を続けてきた香港のNPO「中国人権弁護士関注組」は22日、世界各地の弁護士協会や法学者らと連名で「違法に拘束された弁護士らを釈放し、弁護人らへの妨害をやめる」ことなどを求める公開書簡を発表。習近平国家主席あてに送った。

 今月4日には、国家政権転覆容…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら