[PR]

 10日午後0時55分ごろ、愛知県春日井市柏井(かしわい)町3丁目の空き家の庭から、骨のようなものが見つかった、と県警春日井署に通報があった。署によると、白骨化した人の関節の一部とみて、身元の特定を進めるとともに死体遺棄事件も視野に、近く現場検証をする方針。

 署によると、この家には世帯主の無職若尾春夫さん(82)と長男の2人が住んでいた。今年4月、長男が53歳で病死した際、若尾さんが行方不明になっていることが分かり、親族が署に届け出ていた。この日、世帯主の次男(50)が庭で刈り取った草の片付け作業をしていたところ骨を見つけたという。