総務相などを務めた自民党衆院議員で、先月21日に67歳で死去した鳩山邦夫氏のお別れの会が11日、地元福岡県久留米市のホテルで開かれた。喪主は妻エミリーさん。県内外から、ゆかりのあった2千人超の人たちが別れを惜しんだ。

 鳩山一郎元首相が祖父の政治家一族に生まれ、1976年の初当選以来、当選13回。自民党から離党と復党を繰り返し、新進党や旧民主党の結成にも加わった。2005年、ブリヂストン創業者だった母方の祖父ゆかりの衆院福岡6区(久留米市など)に移り、総務相や法相を歴任した。

 愛してやまなかったチョウがかたどられた祭壇に、訪れた人たちが次々花をたむけた。久留米市の楢原利則市長は「力を合わせて地方創生の取り組みを進めていきたかった。残念でなりません」と述べた。

 鳩山氏の死去に伴う福岡6区の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら