[PR]

 甘利明・前経済再生相をめぐる現金授受問題で、都市再生機構(UR)は11日、補償交渉の相手の建設会社(千葉県白井市)側から計約90万円の接待を受けた男性職員2人を停職3カ月と同1カ月の懲戒処分とし、発表した。外部調査委員会の調査結果も公表し、「補償金額の決定で甘利氏側の影響はなかった」などと結論づけた。

 報告書などによると、2014年7月から15年12月に、補償担当の男性職員(52)=11日付で辞職=が7回、工事担当の男性職員(43)は2回、建設会社の元総務担当者から神奈川県のフィリピンパブや居酒屋などで接待を受けた。補償担当の職員はタクシー券の提供も受けていた。内部調査を受けた昨年12月以降、全額返金したという。

 URは同日付で、2人の上司5人も訓告や文書での厳重注意とした。

 報告書は「URの内部情報の流…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら