[PR]

 「支持政党なし」。そんな名前の政党が参院選比例区で、64万を超す票を獲得した。誤解を与えそうな党名はアリなのか?

 「もう一押し足りなかったが、党名や狙いは知ってもらえたと思う」。投開票日翌日の11日。「支持政党なし」の佐野秀光代表(45)は都内の事務所で、初の議席に届かなかった悔しさをにじませつつも、「次の国政選挙にも挑戦する」と力を込めた。64万7071票(得票率1・2%)を獲得し、現職がいた新党改革の約58万票を上回った。「与党でも野党でもない、真の第三極で新風を巻き起こしたい」と話した。

 いったいどんな政党なのか。

 佐野氏は自民党学生部出身で情報通信会社の社長。2009年以降、「新党本質」「安楽死党」の党名で国政に3度挑戦。13年に政治団体「支持政党なし」を設立し、14年衆院選の比例区(北海道ブロック)で10万4854票を獲得した。後援会はなく、メンバーは支持者ら10人だけだ。

 参院選ではウェブサイトとポスターで「政策は一切なし」と主張。法案ごとにネットで有権者に賛否を尋ね、国会での投票に反映させる直接民主制のシステム導入を目玉にした。佐野氏は「議員はあくまで伝書バト。民意をダイレクトに伝える使者に過ぎない」と言い切る。

 奇策も展開した。4人を擁立し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら