[PR]

 プロ野球・巨人の元投手らによる野球賭博事件で、元投手らから賭け金を集めて賭博をさせたとして、警視庁は12日、ともに名古屋市中区の大学院生の松永成夫(40)、大石健太郎(26)の両容疑者を賭博開帳図利容疑で逮捕し、発表した。松永容疑者は「手数料を取ろうとしていない」と容疑を否認し、大石容疑者は認めているという。

 組織犯罪対策4課によると、2人は共謀し、2014年3月~15年8月、プロ野球公式戦と高校野球のそれぞれ約15試合で、笠原将生(25)、福田聡志(32)の両元投手ら客計8人から賭け金を集めて賭博をさせた疑いがある。警視庁は、両元投手ら客も賭博容疑で書類送検する方針。

 両容疑者は協力して客に賭博をさせる関係にあり、野球賭博の予想に使う「ハンディ表」の準備と、客の予想を受ける役割を分担するなどしていた。笠原元投手は3月の朝日新聞の取材に、「野球賭博をしていた別の胴元に高額の賭けを断られたため、大学院生らへも賭けるようになった」と証言。中学、高校時代の野球部の先輩だった大石容疑者を通じて松永容疑者と知り合い、福田元投手にも両容疑者を紹介したという。

 両容疑者は福田元投手と賭け金百数十万円の支払いを巡ってトラブルになり、昨年9月末、川崎市のジャイアンツ球場を訪問。この取り立てをきっかけに巨人の計4投手が絡む一連の賭博問題が発覚し、渡辺恒雄最高顧問ら球団幹部の引責辞任に発展した。

 元投手らが絡む野球賭博は二つのルートがあり、警視庁は4月、別の胴元役とされる斉藤聡被告(38)を賭博開帳図利、笠原元投手を同幇助(ほうじょ)の容疑で逮捕(それぞれ、同罪で公判中)。このルートでは、松本竜也(23)、高木京介(26)の両元投手が賭博をしたとされた。