[PR]

 学校給食が原因で起きた、堺市の病原性大腸菌O(オー)157による集団食中毒から12日で20年となった。市は4年前に12日を「忘れない日」に制定。市立の全小中高校ではこの日、授業の前などに、児童・生徒が犠牲者らに黙禱(もくとう)を捧げた。

 1996年7月12日夜、市内の児童が発熱や下痢を訴え、次々と病院へ運びこまれた。児童7892人を含む9523人が罹患(りかん)。溶血性尿毒症症候群(HUS)にかかり、女児3人が犠牲になった。昨年10月には小学1年で発症した女性(当時25)が、後遺症が原因の脳出血で亡くなった。

 97年2月に1年生女児が亡くなった新檜尾台(しんひのおだい)小(南区)ではこの日午前8時55分、児童約430人が各教室で黙禱。6年1組では担任教諭が児童34人に「病院は子どもであふれ、何があったかも分からず、うつるのではと気持ちがパニックになっていた。堺から来たというだけで後ずさりされたこともあった」と振り返った。

 門林(かどばやし)永久校長は4日の「命の尊さを考える集会」で「(女児が)生きていれば今年で27歳になっています」と話し、当時737人の児童のうち317人が病院に行き、1人が亡くなったと説明。その後、女児を悼むため学校の敷地に植えた高さ約3メートルの「友情の木」に児童がクラスごとに手を合わせた。

 96年7月に5年生女児が亡くなった久世小(中区)も同日朝、約1千人の児童が体育館で黙禱。同年8月、6年生女児が亡くなった三原台小(南区)は、市などが午後に開く「追悼と誓いのつどい」の時間にあわせて教室で黙禱する。

 市によると、今も20人が治療や経過観察などを続けている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(村上潤治)