【動画】危険なガス発生現場にも急行 遠隔ロボットを開発=杉本崇撮影
[PR]

 三菱重工業と千葉工業大学は12日、引火性ガスが充満して人間が入れない場所でも遠隔操作で内部を調べることができるロボットを開発したと発表した。トンネル事故現場の確認、化学プラントや発電所などの点検に役立てたいという。

 この遠隔操作ロボットは、引火性ガスの中でもロボット自らが発火源にならない機能の認証を受けた。トンネル事故で引火性ガスが充満した場合、換気装置を設置した後、人間がガス検知器をもって濃度を確認しながら入る必要があったが、ロボットを使えばすぐに内部の状況を調べることができる。

 ロボットは、監視カメラと照明、ガス検知器などを搭載し、撮影した映像をインターネットで送ることが可能だ。リチウムイオン電池で2・5時間連続で動く。価格は2千万~3千万円程度を見込む。海外でも販売する方針で、欧州での認証も取得予定という。

関連ニュース