[PR]

 南シナ海問題をめぐる常設仲裁裁判所の判決について、フィリピンと同じく中国と領有権を争うベトナム政府は12日付で、「判決を歓迎する」とする外務省報道官名の談話を発表した。

 報道官は「裁判所はベトナムの立場を完全に反映している」とし、「脅しや武力を用いない、国際法に基づく平和的な解決を強く支持する」と述べた。

 中国が南シナ海のほぼ全域に権利が及ぶと主張していた境界線「9段線」が法的な根拠がないと判断されたことを踏まえ、「西沙(英語名パラセル)諸島と南沙(スプラトリー)諸島はベトナムの主権下にある」とも主張した。(マニラ=佐々木学)

こんなニュースも