【動画】日産自動車の新型「セレナ」で、自動運転を体験=榊原謙撮影
[PR]

 日産自動車は13日、自動運転機能がついたミニバンの新型「セレナ」を8月下旬に発売すると発表した。高速道路の単一車線で、前の車との距離を感知して速度を調整したり、車線を維持しながらハンドルを切ったりできる。多くの人に利用してもらいたいとして、自動運転機能つきモデルの価格を300万円以下にするとした。

 カメラで前の車や車道に引かれた白線を把握し、アクセル、ブレーキ、ハンドルを自動で制御する。高速道路での渋滞時にも対応できる技術としては国内メーカー初という。日産は、長時間走行や渋滞の際、ドライバーの負担を軽減できるとしている。あくまで常に人が運転している前提の補助的な技術で、事故時は運転者の責任になる。

 日産は、高速道路での車線変更もできる自動運転車を2018年、一般道も走れる車を20年に投入することをめざしている。

 新型セレナは、1991年の初…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら