[PR]

 南シナ海をめぐる常設仲裁裁判所の判決を「受け入れられない」としている台湾は13日、南部・高雄の海軍基地から南シナ海に軍艦1隻を派遣した。蔡英文(ツァイインウェン)総統は同日、派遣する軍艦を視察し、「判決は南シナ海の島々や海域における台湾の権利を損ねた」とし、主権を守る決意を訴えた。

 台湾・国防部によると、軍艦は14日に出航する予定だったが、判決を受けた南シナ海情勢の変化に対応するため、出航を繰り上げた。台湾は南シナ海の太平島を実効支配しているが、判決は同島を「岩」と位置づけ、反発が出ている。(台北=鵜飼啓)