[PR]

 子どもの貧困解消のための寄付を募る「子供の未来応援基金」について、安倍晋三首相は13日、基金に夫婦で4億円の寄付をした埼玉県狭山市在住の住宅会社会長、河野経夫さん(74)と妻の敏子さん(68)に感謝状を贈った。

 同基金は、貧困家庭の子どもを支援するNPO法人への助成などを目的に、官民で昨年10月に創設。夫妻の寄付を含めて寄付総額は計6億1779万円(6月26日現在)まで増えた。経夫さんは記者団の取材に「猛烈な少子化で、このままだとこの国は終わると思った。なんとか子どもたちを支援する起爆剤になればと思った。この基金の話を聞き、1分で(寄付を)決めた」と語った。