[PR]

 7月1日から20日まで、大阪の新歌舞伎座で上演されている舞台「だいこん役者」は、藤山直美さんと大杉漣さんの初共演がずいぶん前から話題になっていました。この舞台に、前田亜季さん、竹内都子さん、深沢敦さん、松永玲子さんらと共に出演しているのが関西ジャニーズJr.の浜中文一くんです。

 1987年10月5日生まれの28歳。関西ジャニーズJr.の中では、「自称・ベテラン」(後のVeteran)で活躍。振り付けや舞台を中心に輝く屋良朝幸くん、現・Kis-My-Ft2の千賀健永くん、現・A.B.C-Zの塚田僚一くん、現・They武道の山本亮太くんらと共に「舞闘冠」のメンバーでもありました。

 舞闘冠のメンバーは、ユニット名や、その顔ぶれからもわかるように、ダンスの上手なメンバーが選ばれています。「ザ少年倶楽部」(BSプレミアム)の企画で、滝沢秀明くんによる“滝沢秀明プロジェクト”の一環で結成されました。2009年夏期、「一度~で二度効くコンバット~」というCMソングが耳について離れなかった方は多かったでしょう。大日本除虫菊の「コンバット」のテレビCMキャラクターに抜擢(ばってき)されたのが、この舞闘冠だったのです。激しいダンスと一度見たら忘れられないコスチュームで「舞闘冠がCM虫」と、CMソングにユニット名まで入っていたテレビCMは、私が審査員をつとめる某CMコンテストに出品されるほどの名作でもありました。

 いまもジャニーズJr.には多くのユニットが存在しますが、実はオリジナル曲を持っているユニットは多くはありません。ですが、舞闘冠は6曲も持っていた。ジャニーズの歴史の中で、Veteranもそうですし、舞闘冠も、ファンの皆さんの記憶にも記録にも残るユニットだったと言えましょう。

 そんな浜中文一くんが出演した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら