生前に天皇の位を譲る「生前退位」の意向を天皇陛下が示した。宮内庁が負担軽減を進めるなか、自身の葬儀のあり方についても言及してきた天皇陛下。長い間前例のない手順に、関係者の間には驚きが広がった。皇室典範改正の議論が改めて浮上する可能性もある。

 「年齢というものを感じることも多くなりました」。昨年12月、82歳の誕生日を前にした記者会見で天皇陛下はこう語った。「行事の時に間違えることもありました」。同年8月の全国戦没者追悼式でお言葉のタイミングを誤ったことなどが念頭にあったとみられる。

 天皇陛下の体調を気遣い、宮内庁は近年、公務を少しずつ減らしてきた。大きな節目となったのは、2012年2月に天皇陛下が受けた心臓の冠動脈バイパス手術だ。手術後、宮内庁次長(当時)は公務について、「快復具合やご年齢も考慮し、医師の意見を聞き、両陛下とご相談のうえ、何か対応が必要か見きわめたい」と述べた。

 周囲の配慮に天皇陛下の心中は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら