[PR]

 野党4党の推薦を受けたジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)はJR新宿駅前で第一声をあげた。「住んでよし、働いてよし、環境によし。その三つの『よし』を実現したい」

 鳥越氏は「政治とカネ」の問題で2代続けて都知事が任期途中で辞職したことや、「改憲勢力」の議席が3分の2を超えた参院選の結果に危機感が募ったとして、告示2日前の12日に立候補を表明した。

 「市民運動の分断はよくない」と元日弁連会長の宇都宮健児氏らが立候補を取りやめ、一本化のかたちをとった。格差是正やコンパクトな東京五輪・パラリンピック開催など、立候補を見送った人たちの施策も訴えるという。

こんなニュースも