[PR]

 認知症による「ひとり歩き」をいち早く見つける企業の「見守りサービス」が広がってきた。通信システムを使って居場所を確認するサービスに、各社独自のノウハウを加えている。

 子ども用運動靴「瞬足(しゅんそく)」がヒットした靴メーカーのアキレスは、認知症の人の靴に小型の発信器を取りつけて、見守りサービスに参入する。セキュリティー機器製造の加藤電機(愛知県)、介護事業を手がけるツクイ(横浜市)と共同開発した。

 認知症の人が施設の外に出ると、施設に設置した専用アンテナが靴の発信器の電波をとらえ、職員や家族にメールで警告。居場所を特定することもできる。発信器をつけた介護用の靴は1足約2万円、受信器は約4万円。ひとつの受信器で約20足は確認できる。

 見守りサービスで先行するセコ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら