[PR]

 長崎市の海辺の幼稚園で、サルスベリがピンクの花を咲かせている。長崎原爆で焼け野原になった爆心地近くで、被爆者の男性が見つけ、長年大切に育てていたものを、園の理事長が引き継いだ。平和のシンボルになってほしいとの願いがこめられている。

 長崎市東部の戸石町にあり、目の前に漁港が広がる「あやめ東幼稚園」。サルスベリは、正面玄関近くに植えられ、高さ2メートルほどの枝の上の方にピンクの花が開いている。武田英一郎理事長(76)は「ちょうど原爆の日が近づいてくると咲き始める。そろそろ原爆の日だなと思いますね」と話す。

 サルスベリは、戦後、被爆者の内田伯(つかさ)さん(86)が爆心地そばの長崎市松山町の自宅で育ててきた。

 内田さん一家は、原爆が投下さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら