[PR]

 革命記念日を祝うリゾート地の夜のにぎわいが、暗転した。フランス南部ニースで14日、花火見物の群衆に大型トラックが突っ込み、多数が死傷した。「人がボウリングのピンのようにはね飛ばされた」。事件に遭遇した人たちは、口々に恐怖を語った。

 14日は、フランス革命の発端となったバスチーユ牢獄襲撃が起きたのを記念する祝日「パリ祭」だった。事件発生当時は、多くの人が地中海に面した道路に繰り出し、音楽を聴いたり打ち上げ花火を見物したりして、記念日を祝っていた。

 事件が起きたのは、ちょうど花火が終わった頃だったという。トラックは時速60~70キロで、約2キロを暴走。道路の群衆をなぎ倒した。英スカイニュースは、トラックが群衆に突っ込む際に蛇行運転をしたという目撃者の証言を伝えた。

 人々は泣き叫びながら走って逃げた。グレース・アンモローさんは、おいやめいと離ればなれになった。英BBCの取材に「一帯は混乱し、人々は泣き叫んでいた。何が起きているのか」と嘆いた。

 ホテルのロビーやレストランに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら