[PR]

 他人名義の銀行口座から現金を引き出したとして、警視庁は、岐阜市の自営業中村明博容疑者(29)を窃盗容疑で逮捕し、15日発表した。警視庁は、中村容疑者は他人のネットバンキングの個人情報の売人だったとみており、口座から引き出したのは、その代金だった可能性があるとみて調べている。

 サイバー犯罪対策課によると、中村容疑者の逮捕容疑は2015年8月、千葉県柏市内のコンビニのATMで、他人名義の銀行口座から現金2万7千円を引き出し、盗んだというもの。「口座は他人からもらった」と供述しているという。

 この口座を同課が調べたところ、仮想通貨「ビットコイン」の交換所から現金が振り込まれていた記録があった。押収したパソコンのメールのやりとりを解析した結果、他人のネットバンキングの情報を販売していた形跡が残っており、調べに対して「販売の対価としてビットコインで送金させていた」と供述しているという。

 捜査関係者によると、中村容疑者は「ネットバンキングの有効なアカウントを数千個持っている」とも話しているといい、警視庁は今後、ビットコインの流れを詳しく解析して情報の販売先についても調べる。