[PR]

 一度読めば消えるメッセージ、他人名義での仮想通貨のやりとり、外国のサーバーを経由した匿名掲示板――。警視庁が解析した入金ルートや供述などから、中村明博容疑者が様々な匿名化ツールを駆使していたことが明らかになった。

 サイバー犯罪対策課は、中村容疑者が何らかの方法で他人のネットバンキングのIDやパスワードを大量に入手し、ネットを通じて販売していたとみている。その受け渡しや支払いに、履歴をたどれなくする匿名化ツールがいくつも仕込まれていた。

 捜査関係者によると、個人情報…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら