[PR]

 国の文化審議会答申で、奈良、橿原、生駒各市の四つの住宅が、国の登録有形文化財となる見通しになった。

 登録されるのは、正木家住宅(奈良市毘沙門町、江戸時代後期の主屋など2件)▽吉岡家住宅(奈良市北京終町、昭和10年の主屋など2件)▽岡本家住宅(橿原市八木町、明治39年の店舗兼主屋など6件)▽冨田家住宅(生駒市、明治23年の主屋など9件)。

 正木家住宅は奈良町にある町家。奈良女子大学が2005年以降、セミナーハウスとして授業などに活用している。9月3日~10月23日にある「東アジア文化都市 古都祝(ことほぐ)奈良」では案内所になる。

 明治~昭和中期に呉服商を営ん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら