[PR]

 交番内で後輩に銃口を向けたとして、神奈川県警は15日、藤沢署地域課の男性巡査長(32)を銃刀法違反(加重所持)の疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は「先輩として指導している中で、気合を入れるためについ拳銃を向けてしまった」と話しており、同日付で依願退職した。

 監察官室によると、巡査長は1月中旬から5月下旬までの間、藤沢署管内の2カ所の交番で、3回にわたって後輩の30代の男性巡査に拳銃の銃口を向けた疑いがある。1回目と2回目は実弾が入ったままで、3回目は銃口を向ける直前に弾を抜いていたという。

 2人は2014年9月から同じ藤沢署で勤務していたといい、今年5月に銃口を向けられた男性巡査が上司に相談して発覚した。