[PR]

 放置された犬のふんのそばに撤去を呼びかけるメッセージを置く「イエローカード作戦」を、倉敷市が進めている。3タイプあるカードを町内会などの団体に無償提供し、地域ぐるみで取り組んでもらうふん害対策で、12月28日まで参加団体を募っている。

 市は、2012年に施行された「市飼い犬ふん害防止条例」で、ふんの放置を禁止している。昨年度、初めてイエローカード作戦を実施したところ、町内会や婦人会、企業など102団体が参加。アンケートに応じた58団体の9割が「効果があった」と回答した。

 今年度も150団体程度を募集。すでに約20団体から応募があった。申請書を出すと、旗や立体、カードの3タイプあるイエローカード計50枚までと、ふんの回収袋、軍手、スコップなどを市が提供してくれる。ふんのそばにカードを置いたら2週間ほど経過を観察し、地域の目があることを飼い主に伝え、撤去を促す。

 担当の市環境衛生課は「ふんの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら