[PR]

 スマートフォンのゲーム「Poke(eはアクセント付き)mon GO」(ポケモン ゴー)の人気が加速している。米国では1日当たりの利用者が2500万人超と、スマホゲームとしては過去最多になった。遊べる国は約35まで増えていて、日本でもまもなくサービスが始まる。スマホを片手にポケモンを探す人たちは世界中に広がり、社会現象となっている。

 ポケモンゴーは、街のあちこちにいるポケモンを集めるゲームだ。他の人が持つポケモンと自分のものを戦わせることもできる。

 米国では7日(日本時間)のサービス開始から、利用者が急増している。米調査会社サーベイモンキーによると、1日当たりの利用者が2500万人を超える日もあった。2013年にパズルゲーム「キャンディークラッシュ サガ」が記録した約2千万人を上回り、米国では過去最多になったという。

 別の調査会社によるとアップルの基本ソフト「iOS」の利用者で1人が1日に費やした平均時間は、11日時点で約33分とフェイスブック(約22分)を抜いた。

 ポケモンは登場から20年を迎え、子どもから大人まで世界の幅広い層に親しまれている。捕まえて自分のものにするという「昆虫採集」にも通じるような喜びが人気の秘密だ。

 ポケモンは米大統領選にも「出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら