[PR]

 ベビーシッターとして預かった男児(当時2)を殺害したとする殺人などの罪に問われた物袋(もって)勇治被告(28)に対し、横浜地裁(片山隆夫裁判長)は20日、懲役26年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 検察側の主張によると、2014年3月、物袋被告は埼玉県富士見市の自宅マンションで、男児の鼻と口をふさいで殺害したとされる。また、男児の弟にも食事を与えずに低体温症にしたとする保護責任者遺棄致傷罪や、男児を含む約10人に対し、下腹部を強くつかむなどしたという強制わいせつ罪など六つの罪に問われていた。

 弁護側は男児を含む乳幼児約20人の写真を撮るなどした児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪については認める一方、他の五つの罪については起訴内容を否認。「風呂場で溺れた男児にベビーシッターとして適切な対処ができなかった」として、殺人罪ではなく業務上過失致死罪にあたり、「懲役7年が相当」などと主張していた。(古田寛也)

     ◇

 判決を受け、亡くなった男児の母親は代理人弁護士を通じてコメントを発表した。

     ◇

 被告の口からは何も真実を聞くことが出来ませんでしたが、今日、裁判長に読み上げていただいた判決の中で、長男が何をされたのか、どのように亡くなったのかということを聞くことができたと思っています。

 でも、言い渡された刑については、思っていたよりも軽くてとても残念です。「懲役26年」と聞いて、正直、ショックでしたし悲しかったです。

 判決の中で触れていただいた「2歳の尊い命」の重さを本当に考えてくださったのかと思ってしまいますし、子どもに対する性的な犯罪は重い刑にしないとなくなっていかないのではとも思いますので、検察庁には控訴をしていただきたいと思っています。