[PR]

 試合中のグラウンドに空から魚がポトリ。そんなハプニングが19日、全国高校野球選手権兵庫大会が開かれていた兵庫県淡路市の淡路球場で起きた。

 六回表、ライトを守っていた川西北陵高校の諸石匠君のそばに突然何かが落ちた。「白い鳥が飛んでいった。フンにしては大きいと思ったら、魚でした」

 海沿いの球場だが「こんな珍事は初めて」と球場関係者。回収で3分中断した熱戦は川西北陵が4―3で勝利。決勝点の適時打もライト前に白球が落ちた。