【動画】フォアハンドのカウンターについて語る卓球の伊藤美誠選手=前田大輔撮影
[PR]

 高校1年生でリオ五輪卓球女子の代表になった伊藤美誠(みま、15)は、フォアハンドで独特のスイングができる。ラケットを「振る」というより、「押す」というイメージだ。伊藤本人が名付けて、「みまパンチ」。

 右利き選手のフォアハンドは、右腰をひねってテークバックをとり、フォロースルーは敬礼のようなスイングになるのが一般的だ。

 一方、伊藤の変則フォアは、テークバックで腰をひねらずに落とす。球の上がりばなをたたき、フォロースルーも相撲の突っ張りのように、前に押し込む。

 普通のフォアだと、相手が強打…

この記事は有料会員記事です。残り369文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース