[PR]

 ウクライナからの報道によると、首都キエフの中心部で20日朝、著名ジャーナリストのパーベル・シェレメト氏(44)が運転する乗用車が爆発、シェレメト氏は即死した。検察当局は車に仕掛けられた爆弾による計画的な殺人とみて捜査を始めた。

 シェレメト氏はベラルーシ出身。同国の強権的なルカシェンコ政権に批判的な報道で1990年代から知られ、その後ロシアへ移住した。最近5年間は、報道の自由を求めてウクライナに移った。調査報道で知られるインターネット報道機関「ウクライナの真実」を拠点に活動した。

 「ウクライナの真実」によると、爆発は午前8時前、シェレメト氏が自宅から車を運転し始めた直後に発生。車は大破して燃え上がった。現場は、2014年2月に親欧米派の市民と治安部隊が衝突し、親ロシア路線の前政権崩壊を招いた独立広場のすぐ近く。

 ポロシェンコ大統領は「この犯…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも