[PR]

 IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は20日、自動運転車を使った物流サービスを開発するための実験を2017年3月に始めると発表した。「ロボネコヤマト」と称して展開する。実験期間は1年間。

 ヤマト運輸の宅急便の配達について、スマートフォンの専用アプリで希望する配達の日時と場所を決められる「オンデマンド配送サービス」の実験をする。配達途中の荷物がどこにあるか、いつごろ届くのかも確認できるようにする。

 実験地域にある店舗の商品をインターネット上で買えるようにし、オンデマンド配送サービスで運ぶサービスも実施する。実験地域は今後決める。

 実験車両にはドライバーが乗るが、将来的にはドライバーがいない自動配送をにらんでいる。(福田直之)