写真・図版

[PR]

 夏も本番。紫外線から身を守る手軽な手段が帽子です。

 「帽子は持ち運びできる日陰」。紫外線に詳しい東海大の佐々木政子・名誉教授(光化学)はこう話す。

 地上に届く紫外線(UV)は、主に肌の老化を早める「UVA」と、日焼けの主な原因で免疫低下や皮膚がんにつながるおそれもある「UVB」の2種類。特に夏場に注意したいのはUVBで、太陽高度が高い時ほど地上に届く量が増えるため、7、8月には冬の5倍になるという。UVBが強い時間帯を簡単に知る方法もある。「目安は自分の影。身長より影が短いと、太陽高度が45度以上なので紫外線対策が必要」(佐々木さん)。

 では帽子でどれぐらい紫外線を防げるのか。佐々木さんらの研究によると、初夏の快晴日につばの長さ7センチのキャップ型で、顔にあたる紫外線量は何もかぶらない時に比べて60%防げる。更に7センチのハット型では65%、13センチと大きいつばのハット型では90%も防御できたという。

 帽子の素材は、UVBを吸収す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら