[PR]

 自動車業界と通信各社の連携が強まっている。インターネットにつながる車「コネクテッドカー」の開発で、通信会社のノウハウが必要になるためだ。コネクテッドカーの需要は急速な伸びがみこまれ、各社が研究を加速している。

 ホンダは21日、ソフトバンクと人工知能(AI)を積んだコネクテッドカーの研究で協力すると発表した。AIがセンサーなどを使って、運転者の声や表情から感情を分析し、それにあわせた反応を音声で発する。運転者と車が親しく会話できるようにしたいという。

 AIはネットにつながっており、運転者が求めるものをネット上の情報から選んで提供する。「春にぴったりの音楽が聞きたい」と言えば、AIがそれまでの会話で学んだ好みを加味して、最適と思われる曲をかける。センサーを使い、駐車位置を助言することも可能になる。

 ソフトバンクはすでに、ヒト型…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら