[PR]

 三菱東京UFJ銀行が、スマートフォンで「本人確認」をするシステムを新たにつくる。9月からスマホで預金口座を開設できるようにし、2018年春には、キャッシュカードなしでスマホだけで現金自動出入機(ATM)から現金を引き出せる「カードレス」のサービスを大手行で初めて導入する計画だ。

 スマホのセキュリティー技術の向上を受け、キャッシュカードの機能をスマホに統合していけば、偽造の恐れがある印鑑やカードよりも安全性が高まるとの判断だ。

 同行によると、スマホで口座を開設するにはまず、専用のアプリを取り込む。スマホの近距離無線の国際規格「NFC」で、自分の運転免許証の氏名、住所、生年月日などのデータを読み取れば申し込みが完了する。24時間受け付ける。銀行に印鑑を届ける必要はない。

 申込者には後日、銀行との取引開始の通知書が届けられる。通知書を受け取った申込者にはICキャッシュカードが送付される。その後銀行は、印鑑の代わりにキャッシュカードで本人かどうかを確認する。

 さらに18年からの「カードレス」のサービスでは、専用アプリに、同行のインターネットバンキングで使っているIDなどを打ち込んで登録すると、スマホをキャッシュカード代わりにできる。ATMから現金を引き出す際は、パスワードや指紋認証でスマホを起動し、専用アプリに事前に金額を入力すれば、ATMにスマホをかざし、暗証番号を入力するだけで引き出せる。

 登録後はスマホが「身分証明」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら