[PR]

 中米グアテマラで、人気が加速しているスマートフォンのゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)をしていた少年2人が撃たれ、1人が死亡、1人が重傷を負った。

 地元メディアによると、事件は18日、南東部のチキムラで発生。ヘルソン・ロペス・デレオンさん(18)がいとこ(17)と路上でゲームをしていたところ、何者かに撃たれ、ロペスさんが死亡した。容疑者は複数で、農業用トラックで逃げ去った。現場には17個の薬莢(やっきょう)が残されていたという。

 詳しい状況は不明だが、目撃者は、2人はゲームをしていただけで、誰にも迷惑をかけていなかったと証言。地元メディアは、2人は誰かとトラブルになり、スマホで居場所を突き止められて撃たれたか、少年のスマホを奪おうとした何者かに殺された可能性があるなどの見方を示しており、「ポケモン探し、悲劇の結末」と報じている。

 このゲームを巡っては問題も起きている。

 ロサンゼルス・タイムズ紙によると、米カリフォルニア州南部で13日、20代の男性2人がゲーム中に崖から転落、重傷を負った。2人とも、ゲームに夢中になり柵を乗りこえたという。警察当局は「ゲームに命をかける価値はないと分かってほしい」とコメントしている。(ロサンゼルス=平山亜理