[PR]

 今月、開園15周年を迎えた松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)で、ペンギンたちがタキシード姿になって格式高く節目を祝っている。

 毎日の人気イベント「ペンギンのお散歩」の特別版。アフリカに生息するケープペンギンのさくら、まさひろ、ななみ、はるか、ジョナサン、みんとの6羽が往復約100メートルをきょろきょろしながらてくてく。昨年3月に生まれたみんとはまだ衣装に慣れておらず、胸元にリボンだけ着ける。土日祝はレッドカーペットの上で「祝15周年」のくす玉を引く。

 広島市から訪れた会社員山下寛太郎さん(33)は「タキシードが似合ってますね。歩き方が可愛いです」と熱心に写真を撮っていた。31日まで、毎日午前10時半と午後2時の2回。8月1日からは「オリンピック応援衣装」に衣替えするという。

 入園料は高校生以上1540円、シニア(65歳以上)1020円、小中学生770円。問い合わせは同パーク(0852・88・9800)へ。(奥平真也)