[PR]

 南知多ビーチランド(美浜町)で、ジェンツーペンギンのひなが4年ぶりにすくすくと育っている。今回は初めて、親鳥に子育てを任せての繁殖だ。

 同ランドでは2004年からジェンツーペンギンを飼育。これまで6羽のひなが生まれ、4羽が成鳥に育った。いずれも、卵を回収して人工飼育した。

 今回は母親のダイヤ(7歳)が5月25日に1個を産卵。親鳥の抱卵で6月29日に卵がかえった。父親のマロン(11歳)と交代でひなを腹の下で温めたり、胃で消化したイカナゴを口から与えたりして世話を続けている。最初は70~80グラムだったひなは、21日現在で1340グラムに成長。ピーピーと元気な声を出して、えさをねだっている。

 巣は飼育エリアの角にあって来…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース