[PR]

 これでは一手専売の昼寐(ひるね)も出来ない。何かないかな、永らく人間社会の観察を怠ったから、今日は久しぶりで彼らが酔興に齷齪(あくせく)する様子を拝見しようかと考えて見たが、生憎(あいにく)主人はこの点に関して頗(すこぶ)る猫に近い性分である。昼寐は吾輩に劣らぬ位やるし、殊(こと)に暑中休暇後になってからは何一つ人間らしい仕事をせんので、いくら観察をしても一向観察する張合(はりあい)がない。こんな時に迷亭でも来ると胃弱性の皮膚も幾分か反応を呈して、暫(しば)らくでも猫に遠ざかるだろうに、先生もう来ても好い時だと思っていると、誰とも知らず風呂場でざあざあ水を浴びるものがある。水を浴びる音ばかりではない、折々大きな声で相の手を入れている。「いや結構」「どうも良(い)い心持ちだ」「もう一杯」などと家中(うちじゅう)に響き渡るような声を出す。主人のうちへ来てこんな大きな声と、こんな無作法な真似(まね)をやるものは外にはない。迷亭に極(きま)っている。

 いよいよ来たな、これで今日半日は潰(つぶ)せると思っていると、先生汗を拭(ふ)いて肩を入れて例の如く座敷までずかずか上って来て「奥さん、苦沙弥(くしゃみ)君はどうしました」と呼ばわりながら帽子を畳の上へ抛(ほう)り出す。細君は隣座敷で針箱の側(そば)へ突っ伏して好い心持ちに寐ている最中にワンワンと何だか鼓膜へ答えるほどの響がしたのではっと驚ろいて、醒(さ)めぬ眼をわざと睜(みは)って座敷へ出て来ると迷亭が薩摩上布(さつまじょうふ)を着て勝手な所へ陣取って頻りに扇使いをしている。

 「おやいらしゃいまし」といっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも