[PR]

 田んぼにゴジラ現る!? 今年で24回目となる青森県田舎館村の「田んぼアート」の稲が育ち、見ごろを迎えた。色が異なる稲で巨大な絵を浮かび上がらせる田んぼアート。「本物そっくり」「大きい」。会場は連日にぎわっている。

 村役場隣の約1・5ヘクタールの田には12品種7色の稲で、NHK大河ドラマ「真田丸」を題材に真田昌幸と石田三成を描いた。道の駅いなかだてでは、東宝ゴジラシリーズ最新作「シン・ゴジラ」がテーマでゴジラが国会議事堂に迫る絵柄だ。

 津市の柘植隆良さん(57)は「ゴジラの迫力がすごい。地元の三重県にも田んぼアートはあるが、ここは規模が違う」と驚いていた。見頃は8月中旬まで。(佐藤孝之)