[PR]

 茲(ここ)へ東風君さえくれば、主人の家(うち)へ出入(でいり)する変人は悉く網羅(もうら)し尽したとまで行かずとも、少なくとも吾輩の無聊(ぶりょう)を慰むるに足るほどの頭数は御揃(おそろい)になったといわねばならぬ。これで不足をいっては勿体(もったい)ない。運悪るくほかの家(うち)へ飼われたが最後、生涯人間中にかかる先生方が一人でもあろうとさえ気が付かずに死んでしまうかも知れない。幸(さいわい)にして苦沙弥先生門下の猫児(びょうじ)となって朝夕虎皮(ちょうせきこひ)の前に侍(はん)べるので先生は無論の事迷亭、寒月乃至(ないし)東風などという広い東京にさえ余り例のない一騎当千の豪傑連の挙止動作を寝ながら拝見するのは吾輩にとって千載一遇の光栄である。御蔭様でこの暑いのに毛袋でつつまれているという難儀も忘れて、面白く半日を消光する事が出来るのは感謝の至りである。どうせこれだけ集まれば只事(ただごと)では済まない。何か持ち上がるだろうと襖(ふすま)の陰から謹(つつし)んで拝見する。

 「どうも御無沙汰を致しました。暫く」とお辞儀をする東風君の頭を見ると、先日の如くやはり奇麗に光っている。頭だけで評すると何か緞帳役者(どんちょうやくしゃ)のようにも見えるが、白い小倉(こくら)の袴(はかま)のゴワゴワするのを御苦労にも鹿爪(しかつめ)らしく穿いているところは榊原健吉(さかきばらけんきち)の内弟子(うちでし)としか思えない。従って東風君の身体(からだ)で普通の人間らしい所は肩から腰までの間だけである。「いや暑いのに、よく御出掛だね。さあずっと、こっちへ通り玉え」と迷亭先生は自分の家(うち)らしい挨拶をする。「先生には大分久しく御目にかかりません」「そうさ、慥かこの春の朗読会ぎりだったね。朗読会といえば近頃はやはり御盛(おさかん)かね。その後御宮(おみや)にゃなりませんか。あれは旨かったよ。僕は大(おおい)に拍手したぜ、君気が付いてたかい」「ええ御蔭で大きに勇気が出まして、とうとうしまいまで漕(こ)ぎつけました」「今度はいつ御催しがありますか」と主人が口を出す。「七八両月(ふたつき)は休んで九月には何か賑(にぎ)やかにやりたいと思っております。何か面白い趣向は御座いますまいか」「さよう」と主人が気のない返事をする。「東風君僕の創作を一つやらないか」と今度は寒月君が相手になる。「君の創作なら面白いものだろうが、一体何かね」「脚本さ」と寒月君がなるべく押しを強く出ると、案の如く、三人はちょっと毒気をぬかれて、申し合せたように本人の顔を見る。「脚本はえらい。喜劇かい悲劇かい」と東風君が歩を進めると、寒月先生なお澄し返って「なに喜劇でも悲劇でもないさ。近頃は旧劇とか新劇とか大部(だいぶ)やかましいから、僕も一つ新機軸を出して俳劇というのを作って見たのさ」「俳劇たどんなものだい」「俳句趣味の劇というのを詰めて俳劇の二字にしたのさ」というと主人も迷亭も多少烟(けむ)に捲(ま)かれて控えている。「それでその趣向というのは?」と聞き出したのはやはり東風君である。「根が俳句趣味からくるのだから、余り長たらしくって、毒悪なのはよくないと思って一幕物にして置いた」「なるほど」「先ず道具立てから話すが、これも極(ごく)簡単なのがいい。舞台の真中へ大きな柳を一本植え付けてね。それからその柳の幹から一本の枝を右の方へヌッと出させて、その枝へ烏(からす)を一羽とまらせる」「烏がじっとしていればいいが」と主人が独(ひと)り言(ごと)のように心配した。「何わけはありません、烏の足を糸で枝へ縛り付けて置くんです。でその下へ行水盥(ぎょうずいだらい)を出しましてね。美人が横向きになって手拭(てぬぐい)を使っているんです」「そいつは少しデカダンだね。第一誰がその女になるんだい」と迷亭が聞く。「何これもすぐ出来ます。美術学校のモデルを雇(やと)ってくるんです」「そりゃ警視庁が八釜(やかま)しくいいそうだな」と主人はまた心配している。「だって興行さえしなければ構(かま)わんじゃありませんか。そんな事をとやかくいった日にゃ学校で裸体画の写生なんざ出来っこありません」

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも