[PR]

 「しかしあれは稽古のためだから、ただ見ているのとは少し違うよ」「先生方がそんな事をいった日には日本もまだ駄目です。絵画だって、演劇だって、おんなじ芸術です」と寒月君大いに気焰(きえん)を吹く。「まあ議論はいいが、それからどうするのだい」と東風君、ことによると、遣(や)る了見と見えて筋を聞きたがる。「ところへ花道から俳人高浜虚子(たかはまきょし)がステッキを持って、白い燈心(とうしん)入りの帽子を被(かぶ)って、透綾(すきや)の羽織(はおり)に、薩摩飛白(さつまがすり)の尻端折(しりつばしょ)りの半靴(はんぐつ)というこしらえで出てくる。着付けは陸軍の御用達(ごようたし)見たようだけれども俳人だからなるべく悠々として腹の中では句案に余念のない体(てい)であるかなくっちゃいけない。それで虚子が花道を行き切っていよいよ本舞台に懸った時、ふと句案の眼をあげて前面を見ると、大きな柳があって、柳の影で白い女が湯を浴びている、はっと思って上を見ると長い柳の枝に烏が一羽とまって女の行水を見下ろしている。そこで虚子先生大(おおい)に俳味に感動したという思い入れが五十秒ばかりあって、行水の女に惚れる烏かなと大きな声で一句朗吟するのを合図に、拍子木(ひょうしぎ)を入れて幕を引く。――どうだろう、こういう趣向は。御気に入りませんかね。君御宮になるより虚子になる方がよほどいいぜ」東風君は何だか物足らぬという顔付で「あんまり、あっけないようだ。もう少し人情を加味した事件が欲しいようだ」と真面目に答える。今まで比較的大人しくしていた迷亭はそう何時(いつ)までもだまっているような男ではない。「たったそれだけで俳劇はすさまじいね。上田敏(うえだびん)君の説によると俳味とか滑稽とかいうものは消極的で亡国の音(いん)だそうだが、敏君だけあってうまい事をいったよ。そんな詰らない物をやって見給え。それこそ上田君から笑われるばかりだ。第一劇だか茶番だか何だかあまり消極的で分らないじゃないか。失礼だが寒月君はやはり実験室で珠(たま)を磨(みが)いてる方がいい。俳劇なんぞ百作ったって二百作ったって、亡国の音じゃ駄目だ」寒月君は少々憤(むっ)として、「そんなに消極的でしょうか。私(わたくし)はなかなか積極的なつもりなんですが」どっちでも構わん事を弁解しかける。「虚子がですね。虚子先生が女に惚れる烏かなと烏を捕えて女に惚れさしたところが大に積極的だろうと思います」「こりゃ新説だね。是非御講釈を伺(うか)がいましょう」「理学士として考えて見ると烏が女に惚れるなどというのは不合理でしょう」「御尤(ごもっと)も」「その不合理な事を無雑作に言い放って少しも無理に聞えません」「そうかしら」と主人が疑った調子で割り込んだが寒月は一向頓着(とんじゃく)しない。「何故無理に聞えないかというと、これは心理的に説明するとよく分ります。実をいうと惚れるとか惚れないとかいうのは俳人その人に存する感情で烏とは没交渉の沙汰であります。しかるところあの烏は惚れてるなと感じるのは、つまり烏がどうのこうのという訳じゃない、必竟自分が惚れているんでさあ。虚子自身が美しい女の行水しているところを見てはっと思う途端にずっと惚れ込んだに相違ないです。さあ自分が惚れた眼で烏が枝の上で動きもしないで下を見つめているのを見たものだから、ははあ、あいつも俺と同じく参ってるなと癇違(かんちが)いをしたのです。癇違いには相違ないですがそこが文学的でかつ積極的なところなんです。自分だけ感じた事を、断りもなく烏の上に拡張して知らん顔をして済しているところなんぞは、よほど積極主義じゃありませんか。どうです先生」「なるほど御名論だね、虚子に聞かしたら驚くに違いない。説明だけは積極だが、実際あの劇をやられた日には、見物人は慥かに消極になるよ。ねえ東風君」「へえどうも消極過ぎるように思います」と真面目な顔をして答えた。

     ◇

 【高浜虚子】1874~1959年。俳人。本名清。子規のあと『ホトトギス』を継承し、「花鳥諷詠(ふうえい)」の客観俳句を普及させた。写生文をこころみ『鶏頭』『俳諧師』などの小説に新しい領域を開いた。漱石との親交もあつく、『吾輩は猫である』を書かせた。【白い燈心入りの帽子】ヘルメット帽のこと。【透綾】「すきあや」の転。非常に薄い絹織物。お召しの一種。【半靴】足首までの短い靴。【行水の女に惚れる烏かな】虚子の句。明治38年作として『虚子句集』に見える。【御宮(おみや)】尾崎紅葉の長編小説『金色夜叉』(明治30年~35年、未完)のヒロイン。【上田敏】1874~1916年。英文学者。別号柳村。訳詩集『海潮音』で知られる。当時、漱石とともに東京帝国大学で英文学の講師をしていた。【癇違い】普通は「勘違い」。

こんなニュースも