[PR]

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で刃物を持った男が侵入して暴れ、多数の死傷者が出た事件で、被害者が搬送された医療機関が26日午前、会見した。

 北里大病院救命救急・災害医療センター(同市南区)には最多の男女14人が搬送された。20~40代でいずれも搬送時は意識があり、命に別条がないという。うち8人が重傷で、首付近に切られたような傷があるという。

 東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)には20~40代の男女4人が搬送され、いずれも意識不明の重体。全員が首を中心に複数の刺し傷があり、胸や腕、顔に傷がある被害者もいる。集中治療室で治療が続いているという。

 災害医療センター(東京都立川市)には40代の男性2人が搬送された。それぞれ、首と腹部に刺し傷を受けて重傷だが、命に別条はないという。

 町田市民病院(東京)には20代と40代の男性2人が搬送され、首や腹に複数の切り傷があり、治療を受けたという。

 相模原市消防局によるとこのほかに、東海大医学部付属病院(神奈川県伊勢原市)に50代の男性3人、日本医科大多摩永山病院(東京都多摩市)に40代の女性1人が搬送され、いずれも重傷という。