[PR]

【2007年7月5日朝刊1面】

 小池百合子首相補佐官が4日、女性初となる防衛相に就任し、防衛省で記者会見した。小池氏は久間前防衛相が原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて、「日本が核廃絶の旗振りをし、核不拡散でリーダー役を務めるうえで、『しょうがない』と言えば、そこで終わってしまう」と批判。原爆投下を「人類にとって全くの挑戦で、人道的に認められないことは明らかだ」と語り、被爆国としての日本政府の立場は変わらないとの考えを強調した。

 米政府のジョセフ特使が「原爆が終戦をもたらし、何百万人もの日本人の命を救った」と発言したことについては、「ジョセフ氏は前から言っているので目新しさはないが、日本の見解とは異なる」と述べた。

 日本の立場を米側に伝えるかどうかについては「日本が原爆の悲惨さを様々な場面でアピールする積み重ねが大事だ」と語るにとどまった。ただ、小池氏は「過去の歴史の問題と未来の核拡散の問題を分けて考えるべきではないか」とも語った。

こんなニュースも