[PR]

ウサイン・ボルト 陸上・ジャマイカ

 地球上で一番足が速いのは誰か――。スポーツの原点とも言える陸上男子短距離の100メートル、200メートル、400メートルリレーで世界記録をもつ「生きる伝説」だ。

 リオで挑むのは前人未到の五輪3大会連続の3冠。200メートルの2連覇はすでにこの男ただ一人。100メートルでは、2連覇で並ぶあのカール・ルイス(米)を突き放しにかかる。21日、ロンドンで記者会見したボルトは「歴史が作られるところを全世界が目撃すると思うとすごく興奮する。僕にとって最後の、とても大きな五輪だ」と語った。

 万全なら、3冠は確実だろう。身長196センチの大きな体を素早く動かせる天賦の能力を、背骨の湾曲という不利を努力で乗り越えて実らせてきた。

 100メートルは9秒58。200メートルは19秒19。二つの世界記録を出した2009年の世界選手権の前は、高速道路で車を大破させる自損事故を起こしたり、幼少時代の大麻吸引を告白したり、私生活でのお騒がせな行動でもファンの目をそらさせなかった。そして今年は、「五輪に出場できないかもしれない」騒動を巻き起こした。

 ジャマイカ代表を決める7月1日の国内選考会で100メートル決勝を棄権。準決勝後に左足太もも裏を治療する姿をインターネットに公開した。200メートルは予選から欠場した。

 リオ五輪出場の可否を巡って、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら