[PR]

 相模原市緑区千木良(ちぎら)の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡、職員2人を含む26人がけがをした事件で、神奈川県警は27日、殺人未遂などの疑いで逮捕された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)について、容疑を殺人に切り替え、横浜地検に送検した。

 午前7時半ごろ、植松容疑者は津久井署で頭から青いジャンパーをかぶり、白いワンボックス車に乗り込んだ。車が走り始めると車内から集まった報道陣を見やり、笑みを浮かべた。車はパトカーに先導される形で、横浜市中区の横浜地検に向かい、午前9時過ぎに到着した。

 植松容疑者の逮捕容疑は、26日午前2時ごろ、同園で入所者の女性(19)を刃物で刺して殺害したというもの。植松容疑者は「意思の疎通ができない人たちをナイフで刺した」と容疑を認めたうえで、「障害者なんていなくなればいい」と供述したという。

 県警は横浜地検とともに動機や事件の経緯についてさらに調べを進める方針。