[PR]

 米ペンシルベニア州で開かれている民主党全国大会で26日夜(日本時間27日午前)、クリントン前国務長官(68)が同党の大統領候補に正式に指名された。同氏は米国史上初の主要政党からの女性大統領候補。11月8日の本選でクリントン氏と共和党のトランプ氏が戦う構図が固まった。

 党大会には全米50州などから約4800人の代議員らが参加。獲得代議員数を州ごとに集計し、クリントン氏が指名獲得に必要な代議員総数の2383人を超えた。最後に、ライバルだったサンダース上院議員(74)が「クリントン氏が米国大統領の民主党候補となることを提案したい」と満場一致での支持を呼びかけ、クリントン氏が党の大統領候補に正式に選ばれた。

 クリントン氏は26日深夜、中継で会場のスクリーンに登場。女性の社会進出を阻む「ガラスの天井」について、「これまでで『ガラスの天井』に最も大きなヒビを入れることができた」と米国史上初の主要政党の女性大統領候補となった意義を強調。全国の少女に向けて「私が最初の女性大統領になるかもしれない。そして次はあなたの番だ」と意気込みを語った。

 会場で「女性パワー」と書かれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも