[PR]

 投資用マンションの販売を手がける不動産会社「マーベリッグインベストメント」(東京都中央区)と関連会社が計約3億1千万円の所得を隠し、計約8400万円を脱税したとして、東京国税局が2社と伊藤政裕・実質経営者(44)を法人税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、2社は2011~14年、知人の会社にコンサルタント業務を委託したように装い、架空の経費を計上して所得を少なく見せかけた疑いがある。資金は事業に充てていたという。

 伊藤経営者は「国税局の指摘に従い、既に修正申告に応じ、本税は納めた」などとコメントした。

 民間信用調査会社によると、マーベリッグ社の売り上げは14年11月期に約22億6千万円。都内のマンション販売などが好調で、12年同期比で2・5倍に伸びたという。