[PR]

 日本郵政の長門正貢社長は27日の定例記者会見で、日本銀行の金融政策について「物価上昇率2%という目標には遠く及ばない段階だ」とし、「マイナス金利は市場での効果が2日ともたなかった。金融政策に限界が見えている」と述べた。長門氏は「日本では借り入れよりも貯蓄や投資の需要が多いので、金利を下げても効果が出ない」と指摘し、「金融政策だけで物価目標を達成するのはしんどい。政府の財政出動との合わせ技になる」と語った。