[PR]

 「脳脊髄(せきずい)液減少症」と診断され、髄液の漏れを自身の血液で塞ぐ「ブラッドパッチ」を今年5月に受けた東京都葛飾区の会社員、東裕也さん(46)は、治療の翌日に日本医大病院を退院した。

 職場に戻ると、頭痛が再開しないか心配だったが、一度も起きなかった。ふだん通りの生活を取り戻すことができた。

 治療から1カ月たった7月上旬、経過観察のために妻の裕美さん(42)と病院を訪ねた。MRIで撮影された頭部の画像には、血腫の影が消えていて、異常は見当たらなかった。

 「完璧です。もう来なくてもい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら