[PR]

 リオデジャネイロ五輪のサッカー日本代表に選ばれていたFW久保裕也(22)が所属するスイス1部ヤングボーイズが27日、久保の五輪出場を拒否すると公式HPで発表した。

 26日にあった欧州チャンピオンズリーグ予選3回戦の第1戦のシャフタル・ドネツク(ウクライナ)戦で、同僚FWが左ひざを負傷。そのため、強化担当者は「クラブの利益を確保するために決断しなければならなかった。日本の五輪出場に貢献した久保には大変申し訳ない」としている。

 チームには26日夜に連絡があり、日本協会は「承服できず、ミーティングの場を設けてほしい」とヤングボーイズへ返答。霜田技術委員が27日朝にブラジルからスイスへ向かった。同時に協会は、久保の不出場が正式に決まった場合、選手交代が認められる不可抗力にあたるかをFIFA(国際サッカー連盟)に問い合わせをしている。

 久保は26日の試合の後にブラジルへ向けて出発し、五輪代表に合流する予定だった。五輪サッカーのメンバーはケガや病気、不可抗力の事情のために交代する場合、初戦の24時間前までは、バックアップメンバーを含めた予備登録35人の中から認められる。